今日から始めよう

今日から健康づくり活動をはじめよう!

県民のみなさまにお願いしたい5つのこと

1)自身の健康管理をし、適正な体重を目指しましょう
2)塩分を意識し、減塩しましょう
3)野菜を意識し、積極的に食べましょう
4)毎日の運動を心がけましょう
5)禁煙をし、受動喫煙に気をつけましょう

茨城県民は、健康寿命が全国上位である一方で、脳梗塞や心不全などの循環器疾患の死亡率が高く、働く世代のメタボリックシンドロームの該当者の割合が高いなど、特に働く世代を中心に健康に関する課題があります。

平均寿命(H27)と健康寿命(H28)

平均寿命(平成27年) 厚生労働省「平成27年都道府県別生命表」より
健康寿命(平成28年) 厚生労働科学研究費補助金「健康寿命における将来予測と生活習慣病予防対策の費用対効果に関する研究」より

茨城県の平均寿命は年々伸びてはいるものの、全国平均に比べ男女ともに低い。
茨城県の健康寿命(日常生活に制限のない期間の平均)は、全国平均に比べて男女ともに高い。

性別・年齢別メタボ該当者・予備群の割合(H27)

出典:厚生労働省保険局 ※被保険者の住所地で集計しているため、国の確定値(保険者別集計)とは異なる。

茨城県は、男女ともに40~50歳において、全国よりもメタボ該当者・予備群の割合が高い。

成人一人あたり食塩平均摂取量(H27)

出典:茨城県総合がん対策推進モニタリング調査患者調査

茨城県の成人一人あたりの食塩平均摂取量は、減少傾向であるものの、全国と比較すると多い。

成人の喫煙習慣のある者の割合(H28)

出典:茨城県総合がん対策推進モニタリング調査患者調査

茨城県の成人の喫煙率は減少傾向であるものの、継続した対策が必要な状況である。

茨城県の健康課題まとめ

  • 循環器疾患・糖尿病の発症予防、重症化予防が必要
  • 特に働く世代のメタボリックシンドローム該当者及び予備軍者への健康づくりが必要
  • 特定健診の受診啓発や働く世代の特定保健指導の啓発が必要
  • 健康づくりのための生活習慣の定着(運動・食事・適塩・禁煙等)が必要

茨城県では、みなさまの健康づくり活動を応援します!
毎日コツコツ健康づくり活動を続け、生活習慣病予防の大きな一歩を踏み出しましょう!